まつ育net

当サイトでは、今すぐ使いたいまつ育おすすめ美容液をご紹介しています。

まつ毛のケア(まつ育)に欠かせないアイテムがまつ毛美容液。マスカラで傷みがちなまつげをトリートメントするだけはなく、まつ毛自体を長く成長させてくれるので、マスカラに頼らない自然で大きな目を実現することができます。

またスポスポ抜けがちなまつ毛を抜けにくくしたり、薄いまつ毛を濃くしたりなど、ある意味”育毛”みたいなイメージで、まつ毛をケアすることができるのも魅力です。

魅力的な目力強化には絶対に欠かせません。

今人気のおすすめまつ育美容液5つ

目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美蛯原英理さんも愛用!@コスメ1位獲得!
販売開始からわずか3ヶ月で10,000本を突破した人気のまつ育美容液。半透明なジェルクリームのような質感で、べたつかずにスーッと馴染んでくれます。

また、目元とまつ毛のご褒美はもともと目元のくすみやクマを治すためのアイクリームとして使われていましたので、まつ育だけではなく目元全体を健康にして印象のいい顔立ちにしてくれます。

目元とまつ毛の両方をコレ一本でケア。目元の潜在能力を引き出し、まぶたの生える目元に。

価格:4,700円
定期:3,700円(初回980円)
内容量:15g(2ヶ月分)

プレミアムアイラッシュエッセンス

プレミアムアイラッシュエッセンスの詳細テレビや雑誌でも紹介された人気のまつ毛美容液!
乾燥しがちなアイゾーンのハリをアップさせ、ふさふさのまつ毛に導く専用美容液。こんぶエキス、海藻エキスの成分がまつ毛に栄養を与え、ビルベリーエキス、セイヨウナシエキスが、アイゾーンの悩みをケアします。

価格:4,104円(税込)
定期:3,694円(税込)
内容量:6ml(2ヶ月分)

ラピッドラッシュ

ラピッドラッシュ発売以来、世界で400万本突破(2016年4月現在)のまつ毛美容液
独自の傷んだまつ毛の補修補助成分ヘクサチン(R)1複合体配合。その中のナノカプセル化ポリペプチドはまつ毛の毛母細胞の活性に必要な栄養素である18種のアミノ酸と同じ働きをする成分で、これらの成分がエクステやマスカラ、まつ毛パーマなどによるダメージの修復を助け長く濃く太くすっぴんでもエクステ級のまつ毛に整えます。

少しわかりづらい説明になってしまいましたが、簡単に言うと医薬品のまつげ育毛剤にしか含まれていない『プロスタグランジン』とほぼ同じ成分である『イソプロピルクロプロステネート』が含まれているので、育毛剤感覚でまつ育できる商品だということです。

価格:5,500円
定期:なし
内容量:15g(2ヶ月分)

スカルプDまつげ美容液

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

男性用の育毛剤で有名なスカルプDから発売されているまつ毛美容液。正式名は「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム」。“まつ毛のヘアサイクル”に着目し、美しいまつ毛を育むだけでなく、まつ毛を抜けにくくする成分・ワイドラッシュTMも含んでいるのが特徴。

さらに最近リニューアルされ、独自成分「ラッシュDカプセル」を配合。ナノ化(毛穴に入るほど小さく)されており、肌の内側からより健やかな愛されまつ毛に導きます。

価格:1,703円
定期:1,471円
内容量:6mL(1ヶ月分)

ディアモスト アイラッシュ

ディアモスト アイラッシュオガーニック成分を使った肌に優しいまつ毛美容液
ディアモスト アイラッシュは、マツエクサロンを営むマツゲの専門家との共同開発によって完成した、実感力とデリケートな目元に安心して使える究極のまつげ美容液。

男性の育毛剤では定番の成分である『キャピキシル』も配合されており、太くしっかりとしたまつ毛を育てることができます。

また、低刺激になるように作られていますので、敏感肌気味の方でも安心して使うことができます。

価格:4,800円
定期:3,980円(初回約半額!2,480円)
内容量:5ml(2ヶ月分)

リバイタラッシュアドバンス

リバイタラッシュアドバンスの詳細アメリカの眼科医が開発に関わったドクターズコスメ
リバイタラッシュアドバンスはアメリカの眼科医が開発に関わったまつ毛美容液です。アメリカ生まれではありますが、日本で製造されており効果と安全性を兼ね備えています。

価格が少し高めですが約半年(1日1回使用)もちますので、じっくりと試すことができます。栄養成分を補うことでキューティクルの補修・保護をし、若々しく、抜けにくい健康なまつ毛へと導きます。

価格:8,190円
定期:-
内容量:3.5ml(6ヶ月分)

まつ育美容液の選び方

目に入っても染みない安全な日本製のものを選ぶ

まつ育美容液は目に入ってしまうことがあるため、目に入っても染みないものを選ぶのがポイント。成分的にも日本製のものを選んでおきたいですね。

塗りやすさも大切!ブラシタイプではなくチップタイプを

毎日1回~2回使うものなので、使いやすさも大切。まつ育美容液には『ブラシタイプ』と『チップタイプ』の2種類がありますが、おすすめはチップタイプです。

ブラシタイプだと根元まで綺麗に塗ることができなかったり、チクチクして不快に感じる、マツエクしていると引っかかるといったことが多くなります。一気に全体を塗れるため忙しい時でもサッと終わるメリットはありますが、デメリットの方が大きく感じる方も多いです。

マツエクサロンのお姉さんに相談すると「使うならブラシタイプではなくチップタイプが必須」と言われるので、特に理由がなければチップタイプを選んでおきましょう。

チップタイプは柔らかい素材でできたものがおすすめ。特にマツエクをしているときは柔らかいチップを使うことで、絡まることなくまつ毛美容液を塗ることができますよ。せっかく付けたエクステが取れたり、変な方向に曲がってしまうこともありません。

また、チップタイプであれば下まつ毛にも塗りやすいので、下まつ毛をしっかりと育てたい人にもおすすめです。

個人輸入のものは色素沈着しやすいので注意

まつ毛美容液は国内だけではなく海外でも販売されています。最近はネット通販も当たり前なので、個人輸入で海外ブランドのまつ毛美容液を購入する方もいます。

しかし、海外製品は日本人の肌は考慮されずに作られているため、肌トラブルが起きやすいです(そのおかげで効果も抜群に効くこともあるのですが…)。

まつ毛美容液で多いのが色素沈着。赤っぽいクマができてしまい、見た目の印象が悪くなってしまいます。ケアプロストプラスと呼ばれる海外輸入の有名なまつ毛美容液があるのですが、私はそれを使ってクマができてしまった(もちろん個人差はあると思いますが)ことがあるので、なるべく日本で販売されているものを使用することをおすすめします。

まつ毛美容液で得られる効果

マツエクをしている場合はまつ毛が抜けてしまったり、弱々しくなってしまうのを予防するためにまつ毛美容液を使用しますが、得られる効果はそれだけではありません。

スカスカまつ毛の対策効果

元々はマツエクが原因でまつ毛が抜けてしまうのを防ぐ目的でまつ毛美容液が登場しましたが、「塗って1ヶ月でまつ毛が増えた・伸びた・コシが強くなった」という口コミが非常に多く、加齢などが原因でまつ毛が抜ける人やスカスカになった人からも注目を浴びるようになりました。

また、薄い下まつ毛を濃くするために使うこともできます。

すっぴんでも自信が持てるようになる

すっぴんの状態でもまつ毛がしっかりと上向きに伸びてくれるため、力強い大きな目に見えるのもまつ毛美容液によるメリット。ナチュラルメイク派であれば、より短い時間でメイクを終わらせることができるので本当に楽です。

マツエクしている人もまつ毛美容液が必要な理由

まつ育とは「まつげを育てる」ということですが、まつげを長くする(長く見せる)方法にはマツエクも有名ですよね。つけまつげと違って取り外しをする必要がなく、ナチュラルにまつ毛を増やすことできるため「すっぴんでも綺麗な長いまつ毛でいたい!」という女性から人気の方法となっています。

長さや毛量、巻き(カール)具合もお好みで選べる自由度の高さもいいですよね。

しかし、マツエクは本来のまつ毛もスカスカになってしまうデメリットもあります。

そこで、まつ毛美容液の出番です。まつ毛美容液を使えばまつ毛を強くコシのある毛に成長できますので、マツエクをやってもまつ毛が減りにくくなるわけです。特に30代40代ぐらいになってくると「あれ?こんなにまつ毛少なかったっけ?」「まつ毛がスカスカで、マツエクが難しくなってきた…」なんてこともありますので、早めの内にまつ毛美容液でケアしておきましょう。

費用的にもまつ毛美容液の方が安い!

それから、上手なエステのお姉さんがいるエクステサロンを選ぶのが難しかったり、施術代が高い(1万円以上)とコスト的にもハードルが高いデメリットがあります。手軽とはいっても、下手なエスティシャンでは仕上がりが悪くなってしまい、「マツエクやらない方がよかった…」なんてこともあります。

そのため、最近ではマツエクに頼らずまつ毛美容液で「地毛のまつ毛を長く美しいものにしたい!」という女性が増えてきました。

コスト的にもまつ毛美容液なら月々2,000~3,000円程度なので、少ない費用で続けられるメリットがあります。

まつ育はトリートメントのようなものなので、毎日続けることが大切。そうなった場合、より少ない費用で続けられるまつ毛美容液の方が効果を感じやすいですよ。